カテゴリ:本の紹介( 2 )

 

「分かち合い」の経済学

 サポセンに神野直彦氏著『「分かち合い」の経済学』(岩波新書、2010年)があります。スウェーデン語の「オムソーリ」(社会サービス、悲しみの分かち合い」という言葉を手がかりに、経済の分かち合い、社会の支えあいを構築する道筋を探っています。
c0204368_12532555.jpg

 長岡サポセンを運営しているささえあい生協では、名前負けすることなく、ささえあいの社会づくりを目指しています。
[PR]

by sansaposatellite | 2010-06-08 12:54 | 本の紹介  

もしドラ

 巷で話題の『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(岩崎夏海著、ダイヤモンド社、2009年)がサポセンにあります。
c0204368_9371798.jpg

 サポセンではドラッカーのマネジメント論を業務に活かすよう努めています。
[PR]

by sansaposatellite | 2010-06-08 09:37 | 本の紹介